now+then

カナダ、バンクーバーより毎日のちょっとした事。犬との生活。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



旅行記-カンボジア- :: 2009/02/04(Wed)

  Angkor  

今回の旅のメイン、アンコールワット訪問。

王様の権力ってほんとにすごかったんや。こんな物を、ジャングルの中に作らせてしまうなんて。

上は、私一番のお気に入りバイヨン。仏像の顔が268あるそうな。京都の三十三間堂みたい。


実の所、アンコールワット以外に、見るところが沢山あって

しっかり見て回るには最低でも丸3日は必要って事も、ベトナムで知ってんなぁ。

当初は無謀にもバスで12時間かけて格安作戦で行こうかと計画してたけど、

やっぱし。バックパッカー的なのはこの歳では無理です。

ホテルに入ってた旅行会社の人がすべて手配してくれて、(しかもNo1ガイドさんをアレンジしてくれた!)

飛行機でラクラク一時間、シエムリップ空港で無事にスーパーガイド、Tiemとご対面。

CambodiaCambodiaCambodia   Cambodia Cambodia    CambodiaCambodiaCambodia

上左:空港ターミナル。ターミナルやのにホテルのロビーみたいにセンスが良ろしくて、私好み。

ちなみに、滑走路から徒歩で入国。Visaはその場で問題なく即発行。

上中:アンコールワットの第一回廊。壁には素晴らしい彫刻が沢山。

上右:アブサラと言って、王様の為に踊った女の人の彫刻。

中:アンコールワット。王様が神に祈りを捧げる為につくられた。

日本を含め世界のいろいろな国からの支援で、修復作業が進められている。

下:映画TumbRaiderで、アンジーが飛び出て来たお寺、タプローム。

木とお寺がお互いを支え合ってて、一方が崩れるとお寺も崩壊してしまうらしく、

これからどのように修復作業をしていくのかが大きな問題らしい。

その他、ヒンズー教のお寺や、王様が像の戦いを見たテラスなど、スケールの大きな見所が沢山。

CambodiaCambodiaCambodia

お寺巡りの最終日に、水辺で生活する人々の村を訪ねた。一家全員が、ボートの上で生活してて、

みんなだいたい漁をして暮らしているらしい。学校も教会もすべてボート(いかだみたいな物)の上。

ちっちゃな子供も手漕ぎボートをこいで、採れた魚を売ったりしていた。

外の世界を知らずに大きくなって、親と同じ生活をするしかないんやろうなぁ。と複雑な思いに。

私たちのガイドTiemは、農家で育って片道10キロの道を歩いて学校に通い、努力をし英語を勉強して

ガイドさんになった勤勉な若者。奥さんが今妊娠中で将来の夢は小さな家を建てることらしい。

カンボジア人の事を話すとき、"My people" って言うのがかわいくて、

いつもめっちゃ一生懸命お寺の事を説明してくれて、いろんな事を話したので、

最後お別れの時は何故か涙が出てきた。これから彼には幸せな生活を送ってほしいいなぁ。

彼のお陰で、アンコール王朝が栄えた時代を想像しつ、寺院巡りを堪能し、

カンボジアについて少し知る事ができた。

こんな素晴らしい建築物の一部が、ある時期、ある独裁者によって破壊されたのはほんまに悲しい事。

度重なる紛争のせいで、まだまだ貧しい人も沢山いるようやけど、日本を含めいろいろなNGOが

井戸を掘ったり、地雷の除去をしたり、現地人の職業訓練を行ったりしているようなので、

いつかこの国の人が安全に自立して暮らしていけるようになってほしいなぁと。

そして、今の当たり前にしてる自分の生活に感謝せな。と思ったカンボジア旅行でした。

  1. | comment:5
<<旅行記-ベトナム・ムイネ- | top | 旅行記-ベトナム・サイゴン->>


comment

本当に寺院みたいな空港ターミナルね。
徒歩で移動なんてこの時代貴重よね。
NHKのビックリ探偵社はバンクーバーより
アンコールワットの方がおもしろかったワ
してはいけないこと、たくさんあってなるほどと
納得!!!
  1. 2009/02/06(Fri) 04:18:09 |
  2. URL |
  3. 金魚ママ #-
  4. [ 編集 ]

金魚ママ。
空港、めちゃくちゃ素敵やでー。ここに泊まりたい!って感じ。
カンボジアのこの辺りは、ヒンズー教から始まったらしく
実はアンコールワットももともと、ヒンズーとして建築されて
途中で仏教に変わったらしい。奥深いわ。
仏像好きな金魚パパさんと、是非アンコール行ってみて下さい。
きっと気に入るはず!
  1. 2009/02/06(Fri) 20:24:39 |
  2. URL |
  3. 金魚 #-
  4. [ 編集 ]

まさか、空港のターミナルっておもわんかった~!!!博物館かなーとか思ったからびっくり。
写真でみてもすごいなーって思うけど、実際目の前にすると言葉にできない素晴らしさなんやろうなぁ。。。
一度いってみたいわぁ。いつになるかわからんけど。。。
ほんと、地雷、一日でも早く撤去されて、安全で豊かな国になるといいよね。
  1. 2009/02/06(Fri) 20:52:54 |
  2. URL |
  3. Aya #-
  4. [ 編集 ]

深い、深すぎる~!アジアの歴史もっと勉強しやなアカンわ。
木と寺院が一緒になったのは、さすがにDavidも知ってたみたいでかなりおもしろい建築やね。
以前、カンボジアに行ったことのある友達が、ベトナムよりカンボジアがめちゃよかったって言ってたな。
人々がみんなピュアやったって。いつか、行ってみたいです。ぜひTiemさんにガイド頼んで、ね!
  1. 2009/02/08(Sun) 17:40:06 |
  2. URL |
  3. tsubaki #-
  4. [ 編集 ]

Ayaちゃん。
ほんまにねー、実際に見ると身震いするよ。
ピラミッド見た事ないけど、たぶん同じような感じかなぁと。
今みたいにいくら技術が発達してても、これと同じものは造れないんやって。
昔の人々って、すごいね。。

tsubakiさん。
アジアの歴史とカルチャー、奥深いわ。私も、もっと知りたくなったよ。
根をはりめぐらせて、寺院に覆いかぶさって、それでも何百年も生きている
あの木の生命力は、すさまじいもんがあったでー。
アンコールワットは、石を積み上げるのではなくて
まず山を作って、削りだしていったんやってさー。不思議な建物やわ。




  1. 2009/02/08(Sun) 21:10:30 |
  2. URL |
  3. 金魚 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。